« CXで浮気・不倫といえば・・・ | トップページ | 社長の不倫part1 »

不倫と外務省とフジモリ大統領

Princessgarden2

さて、ややこしいことになっているtyphoon

先日の報道で外務省経済局の男性官僚(40)が、某ホテルの宿泊費

1泊の料金5万2500円を293日間、合計で約1538万円支払ってい

なかったことが発覚したdollar

 

ここまではね、さもありなんって感じだったけど、翌日のデヴィ夫人の

ブログにより、話はあらぬ方向へ・・・sweat01

 

何とこの男性官僚はホテルのオーナー女性と深い仲になっており、痴情

のもつれがこの騒動の原因らしいimpact

 

で、このオーナー女性がまたすごい人で、ペルーのフジモリ大統領が日本

に滞在していた際に援助を行い、後に大統領と結婚している御仁。

当の大統領はペルーで拘束中で、まぁ外務官僚とは不倫な関係だった

わけですheart

 

この女性の話はこれで終わらないup

ガチの右翼思想者で、

在日韓国人で、

某警察出身の代議士と繋がっていて、

CIAの手羽先だったと自称して、

関西の某組と関東の某組織と繋がりがあって、

現在オーナーを務めているホテルの取得に殺人事件が絡んでいて、

友人のオペラ歌手を自分の秘書が殺して、

ホテルを定宿としている人が○○○関係だったり、

オーナーを務めるゴルフ場が脱税で摘発され金の行方があれだったり、

北朝鮮との繋がりが指摘されていたり、、、、

 

どこまでが本当なのか、どこまでも本当なのかは定かじゃないけど、

そんな相手に外務官僚は何をしていたのかとsign02

 

もしかして日本版の逆ハニートラップだったら大したものですgood

 

 

愛して止まず-特攻の父・海軍中将大西瀧治郎との幻の恋 Book 愛して止まず-特攻の父・海軍中将大西瀧治郎との幻の恋

著者:片岡 都美
販売元:日新報道
Amazon.co.jpで詳細を確認する

武士道、ここに甦り―骨抜きになった日本の精神をいますぐ叩き直せ 武士道、ここに甦り―骨抜きになった日本の精神をいますぐ叩き直せ

著者:片岡 都美
販売元:日新報道
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Sponsor by Parsonal intake

|

« CXで浮気・不倫といえば・・・ | トップページ | 社長の不倫part1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1077248/22801022

この記事へのトラックバック一覧です: 不倫と外務省とフジモリ大統領:

« CXで浮気・不倫といえば・・・ | トップページ | 社長の不倫part1 »